かわちょでぶろぐ

Visual Basic を……、強いられているんだ! → 強いられなくなった!

Windows 8.1 に gnupack 11.00 で Emacs をインストール

Windows で Emacs 使うなら、今も gnupack が簡単でオススメらしい。

GNU公式などいろいろなバイナリパッケージが存在していますが、日本語環境ではgnupackで入れる方法が便利です。

gnupack のサイトを見て、最新版の gnupack 11.00(の basic の方)をダウンロード、インストール。Emacs only のパッケージもあるけど、Cygwin, Unix コマンドも使うので gnupack(Cygwin + Emacs) を。

  • gnupack Users Guide
    • ドキュメントに書かれているけど、日本語を含むパスにはインストールしないこと。

ホームディレクトリと設定ファイルのコピー

デフォルトではインストールしたディレクトリの下の home がホームディレクトリと見なされるので変更する。

%INST_DIR%\config.ini を開いて、HOME の行をコメントアウト(Windows の方で環境変数HOME を別途設定済みのため)

; -*- Mode: Conf-Windows ; Coding: sjis -*-

[SetEnv]
   ;_font_         = MS ゴシック
    _font_         = Migu 1M
    _local_        = %INST_DIR%\app\cygwin\local

    CYGWIN_DIR     = %INST_DIR%\app\cygwin\cygwin
    EMACS_DIR      = %INST_DIR%\app\emacs\emacs

;    HOME           = %INST_DIR%\home

設定ファイル(ドットファイル)のコピー

%INST_DIR%/home/ にある .bashrc などをホームディレクトリにコピーする。Emacs の設定は既にあるのでコピーしない。

Emacs の設定

.emacs.d/init.el は既にあるものを使う。(gnupack, Windows 用設定は、gnupack 付属の init.el からいくらかコピペするけど。)

gnupack の config.ini でフォントやテーマが設定されてしまっているので、これをオフにする

[Emacs]
   ;foreground     = white
   ;background     = black
;    geometry       = 91x31+70+28
;    fontName       = %_font_%
;    fontSize       = 12
;
;    ; see also http://gnupack.sourceforge.jp/docs/latest/UsersGuide_technical_info.html#_color_theme
;    colorTheme     = simple-1

タスクバーピン留め問題

%INST_DIR% にある emacs.exemintty.exe は何かランチャーのようで、実際に使っているときのプロセスは違うっぽい。そのせいか、%INST_DIR% にある emacs.exemintty.exe をタスクバーにピン留めしてそこから起動すると、タスクバーには別にアイコンが表示されちゃう。(Windows 7 のころから一緒)

Emacs の起動が次のページに書かれているような形になっているから、かな。

回避方法は未調査、気にしない方向で。