読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かわちょでぶろぐ

Visual Basic を……、強いられているんだ! → 強いられなくなった!

OS X Yosemite インストールメディア作成

Mac

OS X Yosemite が出たので USB メモリでインストールメディアを作成。

Mac App Store で Yosemite インストーラをダウンロード

f:id:kawacho:20141019180413p:plain

インストーラが勝手に起動するけど、Command + Q でいったん終了。

このインストーラ app の中身で、USB メモリに起動ディスク(インストールメディア)を作成できるので先に作っておく。次のサイトのとおりに。

USB メモリ

8GB 以上の USB メモリを用意。

ディスクユーティリティで「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」でフォーマットしておく、のかな? 手元にあったのは既に Mac 用にフォーマットしたやつだったのでわからん。市販のはだいたい MS-DOS, FAT フォーマットされた状態で売られているかと。

そういえば、今回使ったのは Sony 製だった。メモリースティックとかあったなぁ。

createinstallmedia コマンド

ダウンロードした Yosemite インストーラの app の中に createinstallmedia というコマンドがあって、このコマンドと app の中身でインストールメディアを作成できる。ターミナルから次のようなコマンドを打つ。

  • --volume /Volumes/??? の部分は自分の USB メモリのボリューム名に。(実行後は "Install OS X Yosemite" というボリューム名に書き換えられる。)
  • USB メモリに数GBのデータを書き込むので少し時間がかかる。
$ sudo "/Applications/Install OS X Yosemite.app/Contents/Resources/createinstallmedia" \
     --volume "/Volumes/Yosemite" \
     --applicationpath "/Applications/Install OS X Yosemite.app" \
     --nointeraction

Erasing Disk: 0%... 10%... 20%... 30%...100%...
Copying installer files to disk...
Copy complete.
Making disk bootable...
Copying boot files...
Copy complete.
Done.

USB メモリから起動

  • option キーを押しっぱなしで起動すると、起動ディスクを選択する画面が表示される。
  • または、システム環境設定→起動ディスクで、ディスクを指定して再起動する。

f:id:kawacho:20141019180622p:plain

f:id:kawacho:20141019180640p:plain