かわちょでぶろぐ

Visual Basic を……、強いられているんだ! → 強いられなくなった!

Python 3, Anaconda ディストリビューションでインストール

これを読みながら Deep Learning のお勉強、の手前の Python 環境構築と Python インタプリタでの基本文法学習。

www.oreilly.co.jp

O'Reilly Japan - ゼロから作るDeep Learning

1章 Python入門
    1.1 Pythonとは
    1.2 Pythonのインストール
        1.2.1 Pythonのバージョン
        1.2.2 使用する外部ライブラリ
        1.2.3 Anacondaディストリビューション
  • Python はバージョン 2 系と 3 系で異なる。後方互換性が無いらしい。
    • この本では新しい方のバージョン 3 系を使う。
    • macOS Sierra に標準で入っているのは 2.7 とか。
    • 何らかの方法で Python 3 を入れないといけない。 *「ゼロから作る」んだけど、最低限のライブラリは使う。
    • NumPy って数値計算ライブラリと 、Matplotlib ってグラフ描画のライブラリ。
  • Python 3.x とライブラリのインストール、この本では Continuum Analytics社の Anaconda ってディストリビューションを使うことにしてる。
    • データ分析に重点を置いたディストリビューションらしい。
    • サイトから自分の OS 用のインストーラを落としてきてインストール。
    • https://www.continuum.io/

他のインストール方法について、ちょこっと調べてみたけど、次のサイトが詳しそう。

Anaconda じゃない方法で入れる方が良さげな気もするが、とりあえず本の通りにやる方がいいかなぁと思ったのでそのままで。

ターミナルから python インタプリタ起動して書籍どおりにパチパチ打ってる。

    1.3 Pythonインタプリタ
        1.3.1 算術計算
        1.3.2 データ型
        1.3.3 変数
        1.3.4 リスト
        1.3.5 ディクショナリ
        1.3.6 ブーリアン
        1.3.7 if文
        1.3.8 for文
        1.3.9 関数

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

AI だ Deep Learning だってんで本を 2 冊買った

人工知能(AI)や深層学習(Deep Learning)が話題。なんか社内でも、前にインターンで来てたトルコの人が社員として帰ってきます、AI やります、とか言う話なので、とりあえず 2 冊ほど本を買った(妻の会社でも何か AI がどうこう言ってたし)。最近の情勢・全体感をざっくり把握できそうなものと、具体的に手を動かして遊べそうなもの。

あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識

あたらしい人工知能の教科書 プロダクト/サービス開発に必要な基礎知識

  • ↑翔泳社のフェアで 2/22 まで電子書籍 50% オフだったので。

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装

  • こっちはこないだのデブサミ 2017 会場で、10% オフで購入。
    • 別の本もあわせて買って、オライリーTシャツゲット

お約束で Google 翻訳もやってみた。

新しく買った MacBook Pro に Anaconda で Python 3.x とライブラリをインストールしてみた。(macOS Sierra でも、まだ標準の Python 2.x 系のようだ。)

『ハルロック』全4巻まとめ買い

電子工作始めたので『ハルロック』全4巻まとめ買い。

「Dモーニング」で連載読んでた。

Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

Arduino で LED チカチカ

隣の部署?が Arduino や Scratch でちょっと面白いことやるけど参加してみる?ってんで、Arduino の入門書と入門キットを買って、LED 点滅させてみた。LED を点滅させるってのは、プログラミングの世界でいう "Hello World" みたいなもんで、「Lチカ」とも言われているんだとか。

↓以下の入門書籍と、書籍のサンプル対応の入門キットを買った。

入門書

Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

入門キット

オライリーの書籍↑に対応した入門キット・セットがいくつか出ているようで、適当にチョイス。

Arduino エントリーキット(Uno版)- Physical Computing Lab

Arduino エントリーキット(Uno版)- Physical Computing Lab

あわせて買いたい

  • 収納ケース。100均やホームセンターで。配線したまましまえるように大きめ。
  • オンオフスイッチ付きのUSBアダプタ。Arduino への給電オンオフのためにいちいちUSBケーブル抜き差しするの面倒なので。
  • カッティングマット。
  • 参考 → 電子工作に必要な道具達 - クックパッド開発者ブログ

エスエスエーサービス [ USB スイッチ付コネクタ ] USB・A(オス)-USB・A(メス) SUAM-SWAF

エスエスエーサービス [ USB スイッチ付コネクタ ] USB・A(オス)-USB・A(メス) SUAM-SWAF

参考

『最新事例から学ぶ!モバイル向けテスト手法勉強会@徳島サテライト会場』に参加してきた

仕事では iOS も Android も(というかモバイル向け自体)やってないんやけど、テスト技法や自動化には興味ありありだし、前職後輩のタツハマくんが発表するってんで、Sansan 主催の勉強会に、徳島サテライト会場で参加してきた。

徳島会場は、アスティとくしま第3会議室。もしかして Sansan だから第 3 会議室???

「テスト」メインの勉強会だけあって、前職の品質管理部門の先輩とかも来られてた。

感想

  • 全体的に、バージョン管理→ CI で自動ビルド&単体テスト、みたいな開発者レベルのテスト・自動化みたいなところはもう当たり前な感じで、
  • DeployGate での配信とか、テスト環境の情報やユーザーからのフィードバックをどう集めるかとか、Slack など社内チャット連動とか、UI の自動テストやレイアウトの確認をどうするかとか。
  • Jenkins サーバーを自分らでメンテするのが面倒なので Travis CI や Circle CI を使ってるところが多いっぽい。
    • iOS/Android などメインストリームなところは、CI サービスを利用しやすそうででいいよなぁ。
    • ビルドの後の配信とか考えると、自前 Jenkins よりサービスの方が楽なのかなぁ?
    • 私は Mac とか Windows のデスクトップアプリとかをやってるので、自前で Jenkins サーバーたててる。プラグインなども定番のを一回入れればメンテはアップデートかけるだけなのでそんなに面倒ではないけど、他の人に引き継ぎにくいってのはあるなぁ。
  • ビルドなどのプロセスを自動化できている=シンプルなタスクで構成できている、という指標。
  • 一番親近感を覚えた発表は、Wantedly の Android 版アプリ途中から開発参加の話、かな。

東京会場の懇親会は、開発者らしくピザだったようですが、徳島会場の懇親会は Sansan 団さん夫妻からの差し入れケーキ! 健康的!

団さんちのブログは↓